公衆衛生修士、登録栄養士、スポーツ栄養士認定スペシャリスト、認可栄養士であるレズリー・J. ボンチ(Leslie J. Bonci)は、クライアントに「健康であれ、きちんと食べ、恐れるなかれ」と奨励する栄養コンサルティング会社の「アクティブイーティング」のオーナーです。また、Carnegie Mellon University® Athletics、NFLのカンザスシティ・チーフスのほか、メジャーリーグベースボール (MLB)のピッツバーグ・パイレーツとトロント・ブルージェイズの栄養コンサルタントも務めた経験があります。24年間ピッツバーグ・スティーラーズのスポーツ栄養士を担当し、NHLのピッツバーグ・ペンギンズやMLBのワシントン・ナショナルズにも協力してきました。さらに、ピッツバーグ・バレエ・シアターの社内栄養士、WNBA®のスポーツ栄養コンサルタントも務めました。

Whey Protein Advisory Panelのメンバーであり、National Dairy Council®の大使でもあります。『Sport Nutrition for Coaches(コーチのためのスポーツ栄養)』と『American Dietetic Association Guide to Better Digestion(より良い消化のためのアメリカンダイエット協会ガイド)』の著者です。US News and World Report® Eat + Runのブロガーでもあり、KDKA-TV局のPittsburgh Today Liveというテレビ番組で毎週「The Winning Plate」コーナーを担当しています。また、KDKAラジオで毎週ラジオ番組も担当しています。

Academy of Nutrition and Dietetics®の元スポークスパーソンであったレズリーは、Today ShowおよびDr.Oz®に出演し、USAToday®、Today.com、NBC.comなどで紹介されています。Fitness Magazineの諮問委員を務め、The California Dried Plum Board、Kelloggs®、SoyJoy®、The National Dairy Council®、Gatorade®、Wonderfuls®などのブランドの顧客に代わり数々のインタビューを行ってきました。Academy of Nutrition and Dietetics®のスポークスパーソンプログラムのメディアトレーニングも行っています。

ピッツバーグ大学の・歯科医科学部の非常勤講師であり、大学や企業で幅広く講演を行っています。また、子供や大人がCamp DeliciousやRoot Campで料理やガーデニングへの愛情を養い、学び、感謝することを助けることに焦点を当てたプログラムをシェフやマスターガーデナーと一緒に開発しています。また、モバイルトレーニングテーブルを開発し、登録栄養士とフードコーチとして協力して、子供、青年、およびその両親に身体を正しくいたわる方法を教育し、啓蒙活動を行う予定です。

すべての登録商標および未登録商標は、それぞれの所有者に帰属し、許可なく使用されています。


+レズリー・J. ボンチは、クリーン アスリートの医療コンサルタントを務め、クリーン アスリートへの助言を行っています。